椎体奇形

椎体奇形|川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術

椎体奇形


生まれつき椎体が奇形しており、短頭種(ボストン・テリア、フレンチ・ブルドッグ、パグなど)で認められます。
無症状のことが多いため、健康診断などで偶然見つかることがあり、その場合は治療は不要です。
ただし、椎体奇形では椎体が不安定になることがあり、痛みや麻痺などの臨床症状が認められる場合は外科的治療が必要となります。
治療は脊髄を圧迫している部分(椎間板、脊椎)を除去し、ピンやスクリュー・骨セメントで椎体を固定します。

L3の椎体奇形
L3-4の脊髄が圧迫されている(青矢印)
L3-4の背側椎弓切除術(ラミネクトミー)、部分椎弓切除術(ミニ・ヘミラミネクトミー)、椎体切除術(コルペクトミー)を実施し、プレートにて椎体を固定。

       

川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術
〒666-0013 兵庫県川西市美園町2-16

診療時間
09:00~12:00
(受付時間:~11:45)
15:00~19:00
(受付時間:~18:45)
/

【年中無休】※ 年末年始は除く


診療対象動物

診療対象動物

取扱いクレジットカード

取扱いクレジットカード

取扱い電子マネー

取扱い電子マネー

取扱いペット保険

アニコム / アイペット
  • 阪急宝塚線 『川西能勢口駅』から
    徒歩約10分
  • 能勢電鉄妙見線 『絹延橋駅』から
    徒歩約10分
無料駐車場 6台(病院北隣)

ミネルバ動物病院へのアクセス >

最新情報をLINEで配信中!

LINE限定のお得な情報をチェックしてください。
以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。

友だち追加