ウォブラー症候群(別名:すべり症、大型犬の頚部椎間板ヘルニア+頚椎不安定症)

ウォブラー症候群(別名:すべり症、大型犬の頚部椎間板ヘルニア+頚椎不安定症)|川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術

ウォブラー症候群(別名:すべり症、大型犬の頚部椎間板ヘルニア+頚椎不安定症)


大型犬で頚椎の不安定が生じ、頚部椎間板ヘルニアが生じます。
症状は四肢ともに認められますが、多くの場合、後肢の症状(歩行時の爪の引きずり、ふらつき、麻痺など)が認められ、最終的には前肢の不全麻痺、四肢での起立困難を経て、四肢完全麻痺に至ります。
治療は、ベントラルスロットによる椎間板突出物質の摘出と不安定になっている頚椎の固定が必要となります。

黄色〇:椎間板突出物質
術中写真:ベントラルスロット後にSOPプレートを設置
術後レントゲン

       

川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術
〒666-0013 兵庫県川西市美園町2-16

診療時間
09:00~12:00
(受付時間:~11:45)
15:00~19:00
(受付時間:~18:45)
/

【年中無休】※ 年末年始は除く


診療対象動物

診療対象動物

取扱いクレジットカード

取扱いクレジットカード

取扱い電子マネー

取扱い電子マネー

取扱いペット保険

アニコム / アイペット
  • 阪急宝塚線 『川西能勢口駅』から
    徒歩約10分
  • 能勢電鉄妙見線 『絹延橋駅』から
    徒歩約10分
無料駐車場 6台(病院北隣)

ミネルバ動物病院へのアクセス >

最新情報をLINEで配信中!

LINE限定のお得な情報をチェックしてください。
以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。

友だち追加