胃捻転拡張症候群

胃捻転拡張症候群|川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術

胃捻転拡張症候群


大量の水・エサの早食い、食後まもない運動などによって胃が拡張し、さらに胃が捻じれる病気です。胃が捻じれることで腹腔j内臓器の血行障害が生じ、胃・脾臓の壊死を引き起こしたり、循環障害によるショックを引き起こしたりします。それによって、発症して数時間で動物を死に至らしめるケースもあります。
症状は、吐こうとするのに何も吐けない、腹部がパンパンに膨らむ(お腹を叩くと高い太鼓音が聞こえる)、大量のヨダレ、落ち着かないなどです。治療は、早急に胃のガスを除去し、胃・脾臓の捻じれを整復し、再発予防のために胃を腹壁に固定する手術(ベルトループ法、胃腹壁固定術)が必要です。この疾患は死亡率が非常に高い病気なので、上記の症状が認められた際には、すぐお近くの病院で診察を受けられてください。

ベルトループ法

拡張した胃が認められます。
拡張・捻転による胃の血行障害がよって、暗赤色になっています。
胃を正常な位置に整復することで、胃がピンク色に戻りました。
再発を防ぐために、胃壁を腹壁に固定します。

       

川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術
〒666-0013 兵庫県川西市美園町2-16

診療時間
09:00~12:00
(受付時間:~11:45)
15:00~19:00
(受付時間:~18:45)
/

【年中無休】※ 年末年始は除く


診療対象動物

診療対象動物

取扱いクレジットカード

取扱いクレジットカード

取扱い電子マネー

取扱い電子マネー

取扱いペット保険

アニコム / アイペット
  • 阪急宝塚線 『川西能勢口駅』から
    徒歩約10分
  • 能勢電鉄妙見線 『絹延橋駅』から
    徒歩約10分
無料駐車場 6台(病院北隣)

ミネルバ動物病院へのアクセス >

最新情報をLINEで配信中!

LINE限定のお得な情報をチェックしてください。
以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。

友だち追加