猫の尿道閉塞

猫の尿道閉塞|川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術

猫の尿道閉塞


雄猫に多い病気です。膀胱、尿道の炎症による細胞塊や結晶によって形成されたものが尿道に詰まると、排尿できなくなります。このような状態に陥った場合、早急に閉塞部位を解除しなければ、数日以内に亡くなります。
症状は排尿困難(トイレに入るが、なにも出ていない。出た尿が少ない)、元気消失、食欲不振、嘔吐などです。
治療は尿道カテーテルを用いての閉塞部位の解除、食餌療法(結晶を溶解するエサの給餌)、投薬治療です。
しかし、尿道閉塞を解除できない場合や尿道閉塞を頻繁に繰り返す場合は、会陰尿道造瘻術などの外科手術が必要となります。

会陰尿道造瘻術

陰茎の露出します。
切除した陰茎と包皮を縫合します。

       

川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術
〒666-0013 兵庫県川西市美園町2-16

診療時間
09:00~12:00
(受付時間:~11:45)
15:00~19:00
(受付時間:~18:45)
/

【年中無休】※ 年末年始は除く


診療対象動物

診療対象動物

取扱いクレジットカード

取扱いクレジットカード

取扱い電子マネー

取扱い電子マネー

取扱いペット保険

アニコム / アイペット
  • 阪急宝塚線 『川西能勢口駅』から
    徒歩約10分
  • 能勢電鉄妙見線 『絹延橋駅』から
    徒歩約10分
無料駐車場 6台(病院北隣)

ミネルバ動物病院へのアクセス >

最新情報をLINEで配信中!

LINE限定のお得な情報をチェックしてください。
以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。

友だち追加