外耳道狭窄

外耳道狭窄|川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術

外耳道狭窄


アレルギー性外耳炎などで耳を掻くことで耳道内に炎症が生じます。この状態が長期間続くことで外耳道の壁が肥厚し、外耳道が狭窄が生じます。狭窄が生じると耳の奥で分泌物が貯留し、より強い痒みが生じます。治療は主にステロイドなどの薬物治療です。ただし、改善が認められない場合は外科手術が必要となります。

外側耳道切開術

慢性外耳炎によって外耳道が肥厚し、耳道が閉塞しています。
外耳道の一部を切除することで耳の通気性がよくなり、耳の肥厚が消失しました(術後3ヵ月後)

全耳道切除術、鼓室胞切開術

重度の外耳炎によって肥厚・狭窄した耳道
顔面神経を保護し、周辺組織から耳道を分離します。
蓄積した炎症物質を鼓室胞内から除去します。
重度の慢性外耳炎。耳道は完全閉塞しています。
耳道をすべて切除します。

       

川西市のミネルバ動物病院【犬猫専門】整形外科、手術
〒666-0013 兵庫県川西市美園町2-16

診療時間
09:00~12:00
(受付時間:~11:45)
15:00~19:00
(受付時間:~18:45)
/

【年中無休】※ 年末年始は除く


診療対象動物

診療対象動物

取扱いクレジットカード

取扱いクレジットカード

取扱い電子マネー

取扱い電子マネー

取扱いペット保険

アニコム / アイペット
  • 阪急宝塚線 『川西能勢口駅』から
    徒歩約10分
  • 能勢電鉄妙見線 『絹延橋駅』から
    徒歩約10分
無料駐車場 6台(病院北隣)

ミネルバ動物病院へのアクセス >

最新情報をLINEで配信中!

LINE限定のお得な情報をチェックしてください。
以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。

友だち追加